突撃のキューブリック

キューブリック製作の戦争ドラマ!敵地に突撃しなかった軍人は裁かれるべきなのか。

1957年製作のアメリカ映画。監督はスタンリー・キューブリック。主演はカーク・ダグラス。

第一次世界大戦。とある戦地の事。フランス軍のブルラール大将は悩んでいた。ドイツ軍の堅牢な陣地、俗称『アリ塚』を陥落させたいのだが、突撃させれば大きな被害が出る。

しかしブルラール大将はそれを承知で突撃せよと命令を下す。部下であるダックス大佐は反対した。兵士たちは皆疲れて士気も低く、無駄死にでしかないと。

だが進言は聞き入れられず、突撃、もとい特攻する羽目になる。ダックス大佐は自ら兵士たちの前に立ち、進軍するが、激しい銃撃の前に為す術も無かった。

そして、突撃を実行しなかったとして、ダックス大佐は命令不服従の嫌疑をかけられてしまう。その責任は大佐の部下である兵士にあるとし、代表に三人選んで射殺する事に。果たして責任の行方は……。

 軍服を着たカーク・ダグラスがパッケージを飾っており、本作は部下思いの彼が、みすみす兵士を死なせる特攻を実行しなかった事で、裁かれるという話。

とはいえ軍事裁判もなければ、裁判自体が存在せず、飢えの命令次第で全て決まってしまう極めて異例な世界。こんな理不尽な世界があるのかと皮肉した作品。
福島県 浮気調査 探偵